ひとづくり .com

ひとや組織、チームを強固に創るために!TPOに合わせた行動学、成功する考え方



コミュニケーションのサプリメント

コーチング・カンバセーションとは


広告

スポンサーリンク

コーチはコーチを受ける人と共に同じ目標を持つ!

 

未来を創るコークリエイター!

 

コーチングを受ける人に気づきを与える!

 

コーチングカンバセーションとその方法!

 

 

positive-think.hatenablog.com

 


f:id:Iwaown:20190718164657j:image

 

 

コーチング・カンバセーション

コーチは、コーチを受ける人が自由にアイデアを語ることができるようにしなければなりません。

 

そのためコミュニケーションを広げます。

 

その目的は、

  • コーチを受ける人が自分の中に秘めているアイデア考えに気付くこと。
  • そのアイデア考えを、さらに発展させるアイデアを見つけ出すこと。

です。

 

コーチは、コーチを受ける人が自由に考え発想して、アイデア考えをよりリアルなものにするためにコミュニケーションをします。

 

このプロセスを「コーチング・カンバセーション」と言います。

 

 

 

同じ目標、同じビジョン

コーチとコーチを受ける者が同じ目標に向かって行く。

 

コーチはコーチを受けるものが未来と目標に向けてビジョンを描くのを手伝うという。

 

これがコーチングの考え方です。

  • 目標のイメージ
  • 課程のイメージ
  • 自分を取り巻く環境のイメージ

などを物語を語るように、イメージ上で展開させていきます。

 

当然いくつものストーリーやプロットが同時に進行していきます。

 

 

コーチは質問をする技術を必要とする

コーチにとって重要なことは、コーチを受ける側ができるだけ自由に何でも話せる環境を作ることです。

 

我々は普段警戒心を持って話しています。

 

何でも自由に話せるわけではありません。

 

だから最初は何でもいいのです。

 

どんな話でもいいのです。

 

いずれにしろ未来は不確かな訳ですからあまり確かなものを求める必要はありません。

 

質問による考えさせる技術

  • 現実的ではないよね
  • 絶対できないね
  • もっと大人の話をしよう

このような言葉は、

  • 何もするな
  • 何も考えるな

と言っているのと同じです。

  • もっと話をしてください
  • そこのところをもっと詳しく教えてください
  • 相手の立場だったらどう考えるでしょう

このように会話を広げ、会話を促進することがコーチの仕事です。

 

色々な角度から多くのことを話せるようにコーチは質問をしていかなければなりません。

 

 

シナリオを作る

ストーリーだけでなく、他の登場人物や季節、時間、音BGMなどなど、これらが全て加わることで物語に現実味が帯びてきます。

 

プロットに具体的な登場人物の顔、セリフや動き、設定場面、景色などのいわば映像のシナリオができあがっていくのです。

 

出来上がるにつれ未来は不確定なものではなくなっていきます。

 

シナリオを作る過程で、現実に対応する能力もまた引き出されていくのです。

 

 

まとめ

会話をする時、会話を作る時、そこで交わされる言葉と同じぐらい、イメージが大切です。

 

成功のイメージです。

 

コーチを受ける側が自由に語り、その物語を発展させることができるようになると良いでしょう。

 

 

positive-think.hatenablog.com